世界改変計画

春休みの宿題やテスト計画表を終わらせるたった一つの方法

あなたは宿題、計画的にできますか?

春休みや夏休みになると出される宿題。
人によって宿題をやるペースは違っています。

最初に一気に全部終わらせる人。

計画的にコツコツやっていく人。

最後になって慌ててやり始める人。

宿題の進め方は個性が出ていて、面白いですよね。

あなたは毎日少しずつやろうと思って計画表を作ったはいいけど、だんだん計画の通りにいかなくなって挫折した経験はありませんか?

今回は春休みや夏休みの宿題を計画的に終わらせるたった一つの方法をお話します。
この方法を知っていれば、最後まで計画通りに課題をやりきることができますよ。

長期休みの課題を計画通りに進めるたった一つのテクニック

最初は計画の通りに進むんだけど、途中から遅れるようになって、最後は諦めてしまった……。
あなたにもそんな体験があると思います。

どうして計画通りにいかないのでしょうか?
その原因は、「余裕」がないからです。

余裕をとって、計画を順調に進めていこう

計画を立てるのが下手な人に共通しているのは、計画に「余裕」がないことです。

あなたの計画、100%の力でやりきる前提になっていませんか?
100%の力を出し続けることができる人間はいません。
余裕が無いと、ちょっと気が緩んだり予想外のアクシデントが起きるだけで、計画が破綻します。

計画を破綻させないためにも、数日に一度、特に何もする予定がない「余裕日」を作ってみてはどうでしょうか?
そして余裕日がやってきたら、その日は計画を練り直す日にしましょう。

定期的に計画を考えなおして軌道修正することで、より今のあなたに合った計画にできます。

更にスムーズに計画をすすめることができますよ。

まとめ:余裕日を入れて、長期休みの宿題やテスト計画表を順調に終わらせよう!

今回は計画通りに終わらせる方法についてお話しました。
そのたった一つの方法とは、なにもすることがない「予備日」を入れる、というものでした。

何度計画を立ててもうまくいかない人は、まず「予備日」を入れてみませんか?
計画通りに最後まで課題を終わらせることができたら、とても気持ちいいですよ。