世界改変計画

「退化も進化のうち」仕事や人生が上手くいかない時期の対処法

「あ~また失敗した……。私はなんてダメな奴なんだ……もう何をやってもうまくいく気がしない……」

あなたは失敗した時や上手くいかなかった時は、落ち込みやすいタイプでしょうか?
それとも割りとすぐに心を切り替えていけるタイプでしょうか?

私は感情の起伏が激しいタイプで、失敗した時は盛大に落ち込んでしまって、布団の上とかでよくバタバタしていました。
(今でも定期的にしています!!)

ひどく落ち込んでしまった時は本当にこの世の終わりのように思えてきます。
そんなときはどうすればいいのでしょうか?
今回は、そんな時の対処法についてお話しします。

落ち込んだ時は本当の自分を見つめなおすチャンス!自己分析をしてみよう

全然上手くいかないというのは、自分のやりたいこと・やれることが現状に合っていないからかもしれませんよ。
失敗が続いた時は、一度自分を見つめなおしてみるチャンスです!

「適材適所」という言葉があるように、誰しも自分の能力や性格に合った仕事・場所があります。
ベッドの上で毛布にくるまりながらでいいので、リラックスした状態で自分に問いかけてみましょう。

・自分はどういうことをするのが好きなんだろう?

・自分はどんなことが得意なんだろうか?

・1年後になりたい自分像は?5年後は?10年後は?

こんなふうに自分に質問をしていくと、想像もしていない意外な一面に気づけるかも!?

だけどまだエネルギーや心に余裕があるうちはこうやって自分に質問できるのですが、本当に落ち込んでいるときは質問する余裕はもちろんありません!!
そんな時は私のようにゴロゴロしたり寝たりして、嵐が過ぎ去るのを待ちましょう。(¦3[___]

「退化も進化のうち」気分が落ち込む時でも自分は勝手に変化している

失敗続きだと、「自分はほんとうにダメダメ人間だ……」と自己否定してしまいますよね。
そんなときは「退化も進化のうち」と考えてみてはどうでしょうか?

退化という言葉は進化の真逆の言葉で、機能が失われてしまうあまり良くないイメージがあります。

退化の例:モグラの目が見えなくなる、犬の犬歯が短くなる、等……

生物学的に見れば、退化は時代を経るうちに環境にあわせて必要のない部分をなくしているというだけです。
つまりは退化も進化のうちなのです!

うまくいかない時は自分はダメ人間で、このままじゃまずい!と思えます。
だけど退化のように一見悪い方向に向かっていっているように見えるだけで、本当は周りの環境にあわせて進化している途中段階なのかもしれません。
進化途中なのでまだ完全に環境に適応していないから、ちょっと上手くいかなくて気分が落ち込みやすくなっているだけなのです。

全然うまくいかない最悪の時期なんて誰にでもあるもの

有名な成功者の経歴を見てみると、全然うまくいかない最悪の時期を経験している人は数多くいます。
有名人の例:スティーブ・ジョブズ、エジソン、秋元康などなど

莫大な借金を背負ったり、作ったものがことごとくヒットしなかったり、成功者も上手くいかなくて辛い時期を経験しています。
なんとか最悪の時期を乗り越えて、最後には成功しています。

落ち込んでしまう時にも自分がやれることは一応やっておいて、チャンスが巡ってきて自分の出番がくるのをまちましょう!!