世界改変計画

選択肢が多い!選べないくらい迷う時の心理学:初心に戻る方法

私たちは生きていくうえで、何度も何度も選択しています。
一説では、1日に選択している回数はなんと約9,000回とまで言われています。
それだけ多くの選択をしている私たちですが、大きな決断を強いられた時などには、なかなか決められなくて困ってしまうこともあります。

選択に迷ってしまったときはどうすればいいのでしょうか?
そんなときは一度、「初心に戻ってみる」といいと思います。

選択肢が多すぎる!選べないくらい迷うときは「アリアドネの糸」をたどろう!

アリアドネの糸とは?

ギリシャ神話の女神、アリアドネはクレタ島のミノス王と王妃パシパエの間に生まれました。
クレタ島にはミノタウロスという牛頭人身の怪物を閉じ込めておくための迷宮(ラビリントス)がありました。

アテナイ王の息子テセウスはこのミノタウロスを退治することになったのですが、退治した後にも無事に迷宮から帰ってこられるようにアリアドネはテセウスに糸巻きを渡しました。
見事ミノタウロスを倒したテセウスはそのアリアドネの糸をたどることで、迷宮から生きて脱出することができました。

あなたも迷ったときにはアリアドネの糸をたどり、元の場所に戻ってみてはどうでしょうか?

自分に問いかけ、アイテムを使い、昔を思い出してみよう

ややこしい状況で頭がパンクしちゃいそうになったときは、自分の心に問いかけてみるのです。

「どうして私はこの道を選んだのだろうか?」

「元々私はなにをやりたかったのだろうか?」

「最初の頃はどんなことを考えていたのかな?」

人によっては何か特別なアイテムを使ったほうが、初心にかえりやすいかもしれません。

特別なアイテム:

写真、アルバム、本、携帯電話、ぬいぐるみ、サッカーボール、などなど……

そんな質問やアイテムがあなただけの「アリアドネの糸」になります。
ちなみに私のアリアドネの糸は、中学生の頃によく読んでいた本です。
読み直すとその頃の新鮮な気持ちが蘇ってきます。

ややこしい迷宮から一旦抜け出し、元の場所から落ち着いて問題を見なおせば、
意外なほど簡単に問題が解決するかもしれませんよ。