世界改変計画

虹の色の数は本当に7つ?実は世界でバラバラ!

なたは虹の色の数はいくつだと思いますか?
みんな「虹は7色!」って思っていますよね。
だけど虹の色の数は世界によってバラバラなのです!!

虹の色の種類は全部でいくつ?

日本では虹の色は7色だと考えられています。
「赤色、オレンジ色、黄色、緑色、水色、青色、紫色」の7つですね。

だけど本物の虹をジーっと観察してみましょう。
本物の虹の色と色の間はなめらかなグラデーションになっていて、色の境目ははっきりしていません!

それではなぜ虹は7色になったのでしょうか?
その理由は、もともとニュートンが虹を研究したときに、7が神聖な数だと考えられていたからです。
日本ではこのニュートンの研究に由来する学校の教育によって「虹は7色!」ということになりました。

虹の色の種類は世界でバラバラ!

実は虹の色の種類は世界でバラバラなのです。
アメリカでは「赤、オレンジ、黄、緑、青、紫」
ドイツでは「赤、オレンジ、黄、緑、青、紫、藍」
ジンバブエでは色、リベリアでは2
になっています。

日本でも昔は色だったりします。

虹の色の数は、地域や時代、民族によって微妙に変わっているというわけです。
場所によっては色を表現する言葉が少ないのも、数が違う原因になっています。

以上!「虹の色の種類は世界でバラバラ」という豆知識でした。