世界改変計画

「引き寄せの法則」の真実、本質を科学的に考えてみた

最近よく「引き寄せの法則」が話題になっているのを目にします。
そこには引き寄せの法則を使ったらお金が手に入った、夢がかなった、成功した、等ととても(都合の)良さそうなことが書かれています。

しかしながらそういった法則は胡散臭いように見える、法則のことを軽く調べてみたら宇宙とか霊とかスピリチュアルでオカルトじみた文章が並んでいて抵抗感を覚える人は多いと思います。
今回はそのような人に向けて、引き寄せの法則の真実、本質を出来る限りオカルト的要素を排除して科学的に考えてみました。

そもそも引き寄せの法則とは?

「引き寄せの法則」とは「それ自体に似たものを引き寄せる」ということです。
私達が考えることによって事象は引き寄せられ、最終的に実現しています。
じゃあ逆に引き寄せの法則をうまく活用して、自分の夢・望みを叶えていこうとするのが、法則の趣旨です。

引き寄せの法則のよくある誤解、勘違い

引き寄せの法則のよくある誤解、勘違いとして「夢が勝手に引き寄せてくるんだから自分自身は何もしなくていい」という誤解があります。
実際に引き寄せの法則について紹介されているサイトや本は、霊や宇宙などオカルトめいた要素に関することも説明されており、そのような力を活用すれば自分は何も行動しなくても魔法のように夢が叶うと思ってしまいがちです。

本当は自分で行動していくことは必須なのですが。

超常的な要素を含んだ説明はキャッチーで楽に夢が叶いそうで魅力的に見えやすいですが、より再現性のあるしっかりとした成功を生み出す方法にするためには、超常的な要素を排除したよりスマートで論理的な引き寄せの法則の解釈が必要です。

私が考える引き寄せの法則の真実、本質

私は引き寄せの法則の本質は次の2点に集約されます。

1、カラーパス効果による望んでいる情報の選択

心理学用語の1つとしてカラーパス効果というものがあります。

カラーバス効果

意識していることほど関係する情報が自分のところに舞い込んでくるようになるといったものである。

例えば、「今日のラッキーカラーは赤」といわれると、街でその色ばかりに目が行くなども、カラーバス効果である。

引き寄せの法則ではまずカラーパス効果を用いて自分の夢の実現のための情報が自動的に自分のところに舞い込んでくるような状況を生み出します。
次の項目で説明するオペラント条件づけによって行動を強化

2、オペラント条件づけによる行動強化、プラスのサイクルの発生

行動心理学の理論の1つとしてオペラント条件づけというものがあります。

オペラント条件づけ

行動をした後の刺激の出現or消失によって、行動頻度が変化する行動のこと。

情報が舞い込んでくるようになって行動段階に移ったあとは、夢の実現のための行動を常に行う必要があります。
この時重要になってくるのがオペラント条件付けの「好子出現による正の強化」つまり行動をした結果良いことが出てきたことでよりその行動を行うようになるという話です。

オペラント条件づけの正の強化によって夢の実現のための行動をずっと行えるようにすれば、夢はそのうち確実に達成されるでしょう。
引き寄せの法則ではしばしば自分の感情によって行動を評価することを推奨されますが、それはオペラント条件づけをうまく利用する方法だったというわけです。

まとめ:効果的な引き寄せの法則の実践方法

今回は出来る限り超常的な要素を除いて「引き寄せの法則」の真実、本質について説明させていただきました。
いかがでしたでしょうか?

基本的には霊や神、超常的な要素が好きな方は非科学的な要素が強い引き寄せの法則を利用し、そういったオカルトめいた話が苦手な人は、上のほうで紹介した化学的な考え方で把握していくといいでしょう!!