世界改変計画

「引き寄せの法則」おすすめ本の感想・要約まとめ:エイブラハムとの対話

あなたは「引き寄せの法則」を知っていますか?

ネットで調べると、夢が実現した、幸せになれた、大金持ちになった、など……。
「引き寄せの法則」を大絶賛している文章はたくさんあります。

だけどあなたは

「引き寄せの法則ってどんな法則なの?」

「なんでも夢が叶うなんて嘘に決まってる」

「なんか胡散臭い、怪しい」

「最終的に変な石とか絵とか売ってきそう」

と思っているでしょう。

「引き寄せの法則」のことはよく分かっていない人が多いです。
「考えていれば行動しなくても夢が叶う!」なんて勘違いしている人もいます。

私も昔はよく分かっていなくて、なんとなく胡散臭いなと思っていました。
今回の本を読んでからは法則の意味が分かり、人生で活用できるようになりました。

今回は「引き寄せの法則」の本当の意味が分かる本、「引き寄せの法則 エイブラハムとの対話」のお話をします。

本の要約まとめ

この宇宙には3つの絶対的な法則があります。

「引き寄せの法則」

「意図的な創造の方法論」

「許容し可能にする術」

「引き寄せの法則」とは?

「引き寄せの法則」とは「それ自体に似たものを引き寄せる」ということです。
あなたが考えることで物事は引き寄せられ、最後は実現します。

良くないこと、望まないことも実現してしまうので、思考を向ける先は注意が必要です。
思考そのものを監視するのは大変なので、自分の感情を気にしましょう。

望む対象へ思考を向けていると、明るくポジティブな感情になります。
望まない対象へ思考を向けていると、暗くネガティブな感情になります。

「意図的な創造の方法論」とは?

あなたは自分の感情に気を配り、思考することで意図的に夢を実現できます。
あなたの人生の目的とは、思考によって叶えられた結果を全身で楽しむことです。 

「許容し可能にする術」とは?

「私は私であり、他人は他人である」ということを認めましょう。
どんなことが起きても前向きに、より良い解決策を考えることができます。

「節目ごとの意図確認」で実現化のスピードを早めよう

節目節目に意図を確認することで、今この瞬間に望むべきことを考えられます。
あなたの実現化へのスピードが速まります。 

この本を読んだ時の私の感想・レビュー

私はものすごく新鮮にこんな世界の捉え方もあるんだなーと関心してました。
カラーパス効果のように自分が特定の対象のことを考えるほど、情報が手に入りやすくなり、実現化しやすくなるのはあると思います。

「カラーパス効果」とは?

意識すればするほど、関係する情報が自分のところにやってくるという話。
例えば、「今日のラッキーカラーは赤」といわれると、街で赤色に目が行く、など。

こういう人にオススメの本!

「引き寄せの法則」を聞いたことがあるけど、詳しくは知らない、気になっているという人はこの本を読めば、法則の内容やホントの意味、活用方法が分かります。
注意点としては、オカルトで胡散臭い部分があるので、霊とか好きじゃない人はその部分を読み飛ばしましょう。

色んな現象を「引き寄せの法則」のせいにするので、強引すぎると思うかもしれません。
「それはさすがに言い過ぎでしょ」と思う部分は深く考えずに流しましょう。