世界改変計画

シナリオの文章力が向上するおすすめの方法!本の感想:ベストセラー小説の書き方

シナリオとか小説の文章力を鍛えたい!ベストセラー小説を出してたくさんの人に読んでもらいたい!!
自分で小説を書くならたくさん売れてほしいし、多くの人に読んでもらいたいですよね。どんなシナリオを書けばいいのでしょうか?

今回はベストセラー小説になるシナリオの書き方について書かれた本、「ベストセラー小説の書き方」ディーン・R. クーンツ 著 を紹介します。
この本には魅力的な文章の例がいくつも載っているので、たくさんの人を魅了するベストセラー小説の書き方が分かります!

本の要約:人を惹きつける力のあるシナリオを書こう

ドラマチックで意外性とコントラストを持ったタイトルをつけよう

「優しく来る悪魔たち」「内気な悪魔」など、意外性とコントラストを含ませたタイトルを付けましょう。
タイトルを見た人は、その意外性から「どういうことだろう?」と疑問を持つようになり、内容が気になり出します。

物語の出だしをいくつも書いてみよう

自分のイメージを引き出すために、物語の出だしをいくつも書いてみましょう。
そのうちピンとくる出だしが生まれて、シナリオの展開が自然に広がっていくのです。

最初の数ページが全てを決める

文章の出だしで読者の心をつかまないと、読者はすぐに読むのを止めてしまいます。
最初の数ページで「先が気になる!読みたい!」と思わせるためにシナリオの構成を練りましょう。

結末が面白くなければ失敗作

みんなハッピーエンドが大好きなので、最後には主人公の目的は果たされ、戦いには勝つ終わりにしましょう。
最後の15ページは話の進むスピードを加速させると、読み終わった時の満足感が生まれます。

主人公に求められる5つの要素

主人公には「高潔さ・有能さ・勇気・好感・不完全さ」の5つの要素が重要です。
この要素が、人から応援され、共感される魅力的な主人公を作り出すのです。

この本を読んだ私の感想

実際にある小説の冒頭など、ホンモノの文章が例として出ていたので、とてもわかりやすく楽しみながら読めました。
昔の外国の出版業界の話がいくつか載っていて、そういうのに興味ない人はその部分を読み飛ばすといいでしょう。

まとめ:ベストセラー小説の成功の秘密を知って、小説を書きまくろう!

今回は「ベストセラー小説の書き方」を紹介しました。

この本を読めばたくさんの人を楽しませるベストセラー小説の作り方がわかります。
あなたもベストセラー小説の書き方を理解して、どんどん自分の作品を書いてみてはどうでしょうか?