世界改変計画

就活の面接中は、どの程度の笑顔が良い?笑顔のタイミングはいつ?

あなたは笑顔が得意なタイプですか?

私は笑顔よりも真顔のほうが得意です!!

「就活の面接では笑顔が大事だ」という話は一度は聞いたことがあるでしょう。笑顔が魅力的な人と話していると、なんだかとても楽しい気分になりますよね。良い笑顔をする人を採用して一緒に仕事がしたい、と思う採用担当者の気持ちはとってもわかります。

「笑顔が大事」と言われても、面接中にうまく笑顔を作るのはなかなか難しいですよね……。就職活動の面接中では誰でも緊張してしまいやすく、笑顔なしになったり、真顔で顔が引きつってしまうことも多いでしょう。予想外の質問をされてうまく答えられなくなると一気に表情がこわばってしまいます!

私の場合は普段でさえ笑顔は苦手なタイプだったので、面接中に笑顔を見せるのはなかなかできませんでした。しかも無理やり笑顔を作ったら、面接官から「ニヤニヤしている」と注意を受けてしまったことがありました……。

就活や転職活動での面接の笑顔は、どの程度の笑顔がベストなのでしょうか?笑顔のタイミングはいつがいいのでしょうか?今回は面接中の笑顔のタイミングやトレーニング方法についてお話します。

就活面接で笑顔が重要なのはなぜ?

まずは、面接ではなぜ笑顔が重要なのか、その理由についてお話します。理由についてしっかりと理解しておけば、その後の笑顔の程度やタイミングについての理解も深まりますよっ!

普段人と話していても、笑顔の重要性は何となく感じていると思います。素敵な笑顔を見ると、こっちまでなんとなく気分が良くなってきますよね。にこやかな笑顔には、相手の警戒心を和らげ、親密度を高める効果を持っています。

会話をしている相手が逆に笑顔にならなかったり、仏頂面のままでいると、なんだか怖さを感じてしまうのが人間の特徴なんです。怖い人とはなるべく話したくないし、できれば関わりたくないですよね。

これは普段の会話だけでなく、面接でも一緒のことです。採用側から見ると上手に笑顔ができる人には、とても良い印象が残ります。自分が採用側として面接を見ると、笑顔で話ができている人の話は何となく面白そうに聞こえてくるんです。結果的に上手に笑顔ができる人は採用されやすい人になります。

逆にいえば、笑顔が少ない人は採用されにくい傾向にあります。ものすごく緊張していてガッチガチになっている人と話していると、その緊張が面接官にも伝わってしまいます。そうすると、話している内容自体がぎこちない雰囲気になっちゃいます。本当はとっても優秀な人だったとしても、笑顔が少ないってだけで採用にはなりにくいのです。

あなたの面接は笑顔が多いですか?それとも笑顔は少ないですか?真面目な印象を与えるために、なるべく笑顔にはならないようにしていたなら気をつけたほうが良いでしょう。真面目すぎる印象は採用にはなりにくかったりします。適度に笑顔ができる人のほうが面接に受かりやすいでしょう!

参考URL:「面接で「真面目そう」と言われる人は要注意!真面目すぎる人は落ちる?」

就職活動の面接中はどの程度の笑顔がベスト?歯は見せてもいいの?

面接では笑顔が大事ってことがよくわかったら、次にどの程度の笑顔がベストなのかについてお話します!

笑顔が大事だからといって、面接中ずーっと満面の笑みでいればOKというわけではないのです。やりすぎ笑顔も面接官に悪い印象を与える可能性があります。

これは面接官の側に立って考えてみればわかりますよね。その人のことが知りたくていろんな話がしたいのに、めちゃくちゃ相手が笑顔だったら、逆に違和感があります!面接中の笑顔は少し唇を引き締める程度にとどめておきましょう。

特に注意してほしいのは、「目元&口元」です。口元は軽く口角を左右均等に上げて微笑みましょう。このときは、頬の位置が少し上がるのを意識してください。また、口元だけ笑っていて目元は笑っていないとなると、作り笑顔のように見えてしまいます。嘘くさい笑顔になってしまうので、口元だけでなく目元にも気を配ってみてください。

目尻が下がっていると、へらへらした笑顔になっちゃいます!笑顔は目の端や口の端の微妙な高さだけで印象がものすごく変わります。気をつけましょう!

就活の面接の笑顔は、基本的に歯は見せないほうが無難だと私は思います。会話をしていてたまに歯が見えるくらいなら問題はありません。しかし、面接官の話を聞いてるときに歯が見えるように笑ってしまうと、「こいつふざけてるな!!」と面接官を怒らせてしまうんです。また、歯の色は思っている以上に相手に見られているものです。もし自分の歯にちょっとでも着色があると思う人は、ホワイトニング効果のある歯磨き粉であなたの歯をしっかりと磨いてくださいね。

就活の面接中、笑顔のタイミングはいつが良いの?

どの程度の笑顔がベストなのかがわかったら、次に笑顔のタイミングについてお話します。

100%満面の笑みではだめなのと同じように、どんなときもずっと笑顔でいればいいというわけじゃないんです。笑顔にはタイミングが大事なんです。

1つ目のタイミングとしては、面接開始直後です。面接開始直後の笑顔は自分自身の第一印象に直結します。面接の部屋に入ってから自己紹介をするまでは軽く笑顔でいることを心がけると良いでしょう。他の人は最初は特に緊張してしまうので、ここでしっかりと笑顔にして印象を良くすることができれば高得点になります!また、最初から笑顔で会話をしていると不思議と余裕の気持ちが出てきて、その後の会話がやりやすくなります。

2つ目のタイミングは面接中です。

あなた自身が思わず笑顔になりそうな明るいアピールをするときは、少し歯が見えるくらいのにっこり笑顔を出しましょう。
例えば嬉しい体験談の話をしたら、笑顔で語る方が自然なのでしっかりと笑顔を見せましょう。逆にこのタイミングで無表情でいると、話自体が胡散臭くなるし、面接官が嫌な気分になってしまいます。

また、面接官が笑顔でいるときも笑顔を出すと良いと思います。せっかく面白い話をしているのに相手が笑ってくれなかったら嫌ですよね。それと同じく、面接官が笑っていてこっちにも笑ってほしそうなときには、自然な笑顔を出しつつ、面接官の話を聞きましょう。

逆を言えば、真面目な話をしているときには、笑顔にする必要はありません。真剣に話したり、聞いたりするタイミングではしっかりと真面目な顔をしましょう。

笑顔が苦手な人のための、気持ちのよい笑顔を生み出すトレーニング方法とは?

就職活動の面接中の笑顔の程度やタイミングがわかったあとは、最後に笑顔のトレーニング方法についてお話します。

あなたは笑顔は得意でしょうか?もし苦手だったとしても問題ありません。笑顔はトレーニングすれば、少しずつ得意になっていくんです!

トレーニングとしては、まず鏡の前にたって自分の顔を見ながら、声を出さずに「イー!」の口の形にします。これを毎日10秒間続けることで、口角の筋肉が少しずつ強くなっていき、どんな時も口角のあがったきれいな笑顔を作ることができるようになります。また、段々と自分の笑顔への理解度が高まっていくので、鏡を見なくても今の自分の笑顔がどうなっているかがわかるようになります。

これだけでも十分笑顔のトレーニングにはなるのですが、さらに大きな効果を出したい人は、顔のマッサージも同時に行うと良いでしょう。笑顔がうまくできない人は、顔の口周りや頬の筋肉が衰えているので、マッサージすることで筋肉をほぐしていきましょう。

また、特に目元の笑顔が苦手な人は、目元から下の顔を手で隠して、鏡を見ながら目だけで笑えるかチェックしてみましょう。こうすることによって、口元だけでなく、目元もしっかりと笑えているかがわかります。

普段から笑顔のトレーニングをしていれば、どんな時も常にベストな笑顔を引き出すことができるようになるので、面接のときはとても役に立ちます!

私の場合、面接30分前にはトイレの前で笑顔のチェックをしていました。顔面のマッサージをすると緊張もほぐれるので、明るい気持ちで面接に臨めるのでとてもやりやすかったです!おすすめ!

まとめ: 最高の笑顔を最高のタイミングで出し切って、面接を乗り切ろう!

今回は就活の面接中の笑顔の程度やタイミング、トレーニング方法についてお話しました。最初はなかなか魅力的な笑顔を作ることは難しく、ぎこちない印象をあたえるかもしれません。しかし、笑顔のことを何となく意識しながら面接をやっていくうちに、「このタイミングではこれくらいの笑顔が一番良さそう!」と何となく予想がつくようになってきます!

最高の笑顔を最高のタイミングで出し切って、就活面接を乗り切っていきましょう!