世界改変計画

仕事の頼み方が下手な人にオススメ!頼みづらい時の依頼の仕方・コツ

「人に仕事を頼みたいけど、断られたらどうしよう……」

他の人に仕事をお願いするのって、けっこう勇気が入ります。
丁寧に頼んでも嫌な顔されるときもあるし、断られてしまったら最悪です。

なるべく断られないようにお願いしたいですよね。
どうすればあなたの頼みごとが受け入れてもらえるでしょうか?

実は簡単に依頼の成功率を上げる方法があるのです!!

心理学を応用した、仕事を頼む方法・テクニック!

依頼するときに使える心理学として「カチッサー効果」というものがあります。
これは「ある働きかけをすることで、簡単に行動を起こしてしまう」という話です。

心理学者のエレン・ランガーは実験を行いました。
被験者はコピー機の順番待ちの列の先頭に行って、次の3通りの頼み方をします。

1. 要求だけを伝える:「先にコピーを取らせてくれませんか?」

2. 要求に本物の理由をつける:「急いでいるので、先にコピーを取らせてくれませんか?」

3. テキトウに理由をつける:「コピーを取らなければならないので、先にコピーを取らせてくれませんか?」

5枚のコピーを頼んだ時、成功率は1では60%でしたが、2では94%に上がりました。
さらに驚くべきことに、3でも成功率は93%に上がったのです。

依頼は理由をつけた方が成功率が上がる、
その理由付けは「〇〇しなければならないので、〇〇させてくれませんか?」という当たり前の繰り返し、こじつけでもOKというわけです。

あなたが頼み事をするとき、どうやって頼めばいいか悩んでしまうこともあるでしょう。
そんな時は要求だけを伝えるのではなく、「〇〇しなければならないので、〇〇させてくれませんか?」と言いましょう。

意外とすんなり受け入れてもらえるかもしれませんよ。

私の場合は、昔は頼みごとをするときは単純に「〇〇してくれませんか?」と言っていました。
その時の相手の反応は「いいよ!」だったり「え~」だったりでした。

相手に嫌がられることもあるので、私は頼みごとはあまり好きではありませんでした。
そこで頼みごとをするときはとにかく理由を付けて「~しなければならないので、〇〇してくれませんか?」というようにしてみました。

すると相手の反応は「分かった!」と心よく答えてくれる率が上がりました。
嫌な頼みごとも、このテクニックがあればだいぶ楽になりました!

まとめ:理由をつけて仕事の依頼の仕方をレベルアップ!

今回は、簡単にあなたの頼み事を成功させる方法についてお話しました。
人に依頼するとき、頼み方が分からなくて諦めたくなることもあるかもしれません。

その時は「〇〇しなければならないので」とこじつけの理由をつけましょう。
相手はこころよくあなたの依頼を聞き入れてくれるでしょう。