世界改変計画

面接で「真面目そう」と言われる人は要注意!短所が真面目すぎる人は落ちる?

あなたは就活や転職・アルバイトの面接で「真面目そうだね」と言われたことはありますか?人から真面目と言われると、喜んでいいのか、悲しむべきなのか、ちょっと微妙な気持ちになりますよね。

なぜあなたは「真面目そう」だと言われるのでしょうか?私自身、よく「真面目だね」とは言われます。私の場合は真面目というよりも、単純に笑顔が苦手だから笑顔なしになってるなだけかもしれません……。

最近は「真面目系クズ」という言葉もあるように、真面目は割りとネガティブな意味も持つようになりました。あなたの「真面目そう」は良い意味で真面目そうなのでしょうか?悪い意味で真面目そうなのでしょうか?

もし面接のときに「真面目そう」だと言われたら、ちょっと注意しておいたほうが良いでしょう。なぜなら、真面目すぎる人は面接に落ちる可能性があるからです。

そこで今回は「真面目そう」と言われる意味と真面目すぎる人が面接に落ちる理由、面接の対策方法についてお話します。

 「真面目そうな人ですね」ってどういう意味?あなたの真面目は良い意味?悪い意味?

「真面目そうな人」とはどういう意味でしょうか?この場合、良い意味と悪い意味の2パターンの可能性があります。

真面目の良い意味……勤勉、堅実、がんばりやさん
真面目の悪い意味……堅すぎる、とっつきにくい、会話がしづらい

あなたの真面目は良い意味でしょうか?悪い意味でしょうか?良いか悪いか判断するときは、実際に「真面目そう」だと言ってきた人の表情をよーく観察してみると良いと思います。

もし楽しそうに「真面目だね」と言われたらその真面目は良い意味です!!もし仮に気分悪そうに「真面目だね」と言ってきたら、その真面目は悪い意味の可能性が高いでしょう!私のことを「真面目」だと言ってくる人は割りと笑顔で言ってくるので、良い方の真面目だと私は信じています!

もし、あなたの真面目が良い意味の真面目なら喜んで良いのですが……。悪い意味の真面目なら気をつけたほうが良いでしょう。特に面接のときに面接官がものすごく渋い顔で「君はぁ……真面目そうだね……」と言ってきたら要注意!!

そのとき面接官はあなたに対して、堅い印象を持ってしまってるのです!面接官はあなたのことを「とっつきにくい人だなぁ…会話がしづらいなぁ…」と思っているかもしれませんね。

 面接で「真面目そう」だと言われる理由はなぜ?真面目すぎる人はどうして面接に落ちるの?

なぜあなたは面接で「真面目そう」だと言われるのでしょうか?真面目だと思われる理由は、面接でのあなたの回答内容があまりにも模範的すぎるからかもしれません。

あなたはすべての質問に対して、100%完璧に模範的な回答をしようとしていませんか?予め質問されそうな内容をリストアップして回答を用意し、覚えておいた回答をスラスラと答えるだけの面接になっていませんか?

あなたが「真面目そう」だと言われるのは、「面接の場では完璧で優秀な人間のように見せないと落ちる」と思い込んでいるかもしれませんね。だけど実際は100%模範的な回答なんてどこにもありません。面接で採用される人は、完璧で優秀な回答をした人ではありません。

模範的な回答や堅すぎる回答では、あなたの良いところや個性、アピールポイントが面接官には伝わらないのです。私自身、回答をしっかりと用意してスラスラと答えまくったら、面接官がだんだん渋い顔になって「あちゃーこれは落ちましたわ〜!」と心の中で思った苦い経験がありました……。

血が通っていない、一般的で真面目すぎる答え方をするよりも、スラスラ言えなくてもいいのであなたが本当に思っていることを心から相手に伝えましょう。面接官があなたへ質問する理由は「あなたがどんな人間であるかを理解したいから」です。模範的で血の通っていない当り障りのないことばかりを言うと、あなたへの印象が薄くなり何の記憶にも残らないまま面接が終わってしまいます。

社会人になって私は面接官の側から面接を見るようになりました。面接官として面接に参加すると「あーめっちゃこの人答え用意してきてるなーなんかよくわからない人だなー」と残念な印象を抱くことがあります。面接では大量の学生や求職者を同時に比較することになります。どうしても横並びで相対的に比べることが多くなるため、模範的で真面目な人はおとなしく見られてしまいがち。

悪い意味で真面目な人は、記憶にも残りづらく、「絶対にこの人を採用したい!」という気持ちにはならないので、どうしても何か物足りなく感じてしまうのです……。

 「真面目な人ですね」と言われて面接落ちる人はどうすればいいの?

「真面目な人ですね」とよく言われて、面接に落ちてしまう人はどうすればいいのでしょうか?

無難な模範解答しか言わないから、真面目すぎて堅すぎる印象を与えてしまうのです。100%完璧な回答をするのではなく、面接官と話すのは今日で最後だと思って、気楽に自己アピールをしてみましょう。

面接対策本に書かれている答えはあなたにとっての最適解ではありません。あなたの良いところが一番伝わる内容を面接官にアピールしてください。

血が通っていて、本当の思いがこもっているアピールを伝えることができれば、もう二度と悪い意味で「真面目そう」だなんて言われることはなくなるでしょう。

また、本当のあなたを伝える回答をすれば、本当にあなたに合った仕事や職場を見つけ出せます。無理矢理個性を出したり、奇抜なアピールをするとうまく面接が通ったとしても、本当の自分には合わない仕事をすることになってしまいます。なるべく自然体でいつものように話すようにしましょう。

 真面目すぎる人の面接対策&トレーニング方法とは?

面接に慣れていないうちは、自分が回答をするのでいっぱいいっぱいになって、面接官がどんな反応をしているかまで気を配ることはできません。しかも面接を落とされるときは普通は落ちる理由を明かすことなく落とされます。たとえ悪い意味で真面目すぎるのが問題だったとしても、問題に気づかずにずるずると何度も面接に落ちてしまう可能性があります……。

そこでオススメなのが、友達や家族に面接官の役をやってもらい、面接練習をする方法です。このやり方であれば、もしも堅苦すぎてとっつきづらい印象を与えている場合でも、面接官の役の人から注意してもらうことで少しずつ面接慣れしていきます。

ちょっと恥ずかしいですが、自分が回答している様子を動画で撮影して、自分の喋っている様子を自分で見返すのもとても効果的です。自分の中ではとてもスムーズで爽やかに回答できた!と思っていても、動画では緊張でこわばっていて堅苦しく喋っている自分が映っていて死にたくなるかもしれません!!

また、「真面目そう」だと思われるのは表情の影響もあります。面接中は基本的には少し口角をあげ、ちょうどよいタイミングで軽く微笑むと相手に堅苦しい印象を与えないですむのです。

まとめ: 真面目な自分を上手くアピールして、面接を通過しよう!

賛否両論ありますが、真面目なこと自体はとても良いことだと私は思っています。しっかりと準備をしたおかげで模範解答をスラスラと言えることは、十分すごいことだと思います。

あとは面接で求められていることは何なのかをしっかりと考えて、相手が求めていることに合わせて自分の良さをアピールしていきましょう!

真面目なあなたであれば、きっと一生懸命勤勉に努力をして、魅力がしっかりと伝わるアピールができること間違い無しです!!