世界改変計画

就活は地元or都会どっちが有利? 地元を離れる派VS地元に帰るべき派の話

就職活動で就職先を探している時、就職先を地元にするか都会にするか、どっちがいいか悩んじゃいますよね。

私は大学が都会にあったので、就職先を「実家がある地元に帰るべきなのか」「大学近くの都会にするべきなのか」色々と考えていた時期がありました。

考えている間も、就活のための時間はどんどんと減っていきます。就職先を絞っていくだけでなく、業界研究や自己分析もしなくちゃいけません。私はその時かなり焦っていました。

就活において企業選びや就職先は地元が良いのでしょうか?それとも都会が良いのでしょうか?一体どちらが有利なのでしょうか?

今回は就職活動における地元と都会の選び方についてお話します!

 Uターン就職、Uターン転職、Iターン就職、Iターン転職、Jターン転職とは?それぞれの意味について

地元を離れる派VS地元に帰るべき派の話をする前に、理解を深めるために関連用語のお話をします。あなたは「Uターン就職、Uターン転職、Iターン就職」等の言葉の意味を知っているでしょうか?

Uターン就職:地元とは違う大学に行き、また地元に戻り就職すること
Iターン就職:地元の大学に行き、地元以外で就職すること
Jターン就職:地元以外の大学に行き、地元近くの場所に就職すること
Uターン転職:地元以外の大学に行き、地元以外の場所で就職した後、地元に戻り転職すること
Iターン転職:地元の大学に行き、地元で就職した後、地元以外で転職すること
Jターン転職:地元以外の大学に行き、地元以外の場所に就職した後、地元近くの場所に転職すること

それぞれ似ていてめっちゃややこしいですね……。文章を書いていてものすごく混乱しました。

この中で、あなたの就職活動に当てはまるものはありますか?私の場合、地元以外の大学に行き、地元で就職した後に、地元以外で転職したので……ど、どれにも当てはまりませんね(汗)

これらの種類の中で、一番就職や転職がやりやすいのはどれになるのでしょうか?一番有利なのはどれなのでしょうか?あなたはどう思いますか?

就職先は地元だと有利?地元以外だと不利?

就職先は地元と地元以外、どっちが有利なのでしょうか?

私は地元以外で転職先を探していた時「地元でずっと生活をしている人のほうが地元企業に受かりそうだな……」と思っていました。

「地元の学校に通っている学生の方が、地元企業の就職に有利」という噂は実際に聞いたことがありました。確かに、地元のほうが面接官とも話がしやすくて、企業としても採用したくなりそうですよね。

でもこの噂は全くの勘違いです。就職した後に人事担当の人に確認したのですが、企業が採用のときに気にするのは出身地よりも、人柄や能力です。地元の人だからといって、地元の企業で働いたらすごい実力を発揮するというわけではありませんよね。採用のときには出身が地元かどうかは、大きな影響度はないのです。どれほど地元から離れていたとしても、企業としては優れた人を採用していきたいと思っています。

企業側の評価方法には地元かどうかは関係ありませんが、就職後に仕事をしていく上で地元の方が有利な点はいくつかあります。

例えば、地元のほうが土地鑑があって慣れ親しんだ場所で実家または実家の近くで働くことができます。地元のほうが家賃などの費用を減らすこともできるし、通勤時の渋滞も少なかったり、家族が友人が近くにいるので定期的に会ったり遊んだりすることも簡単にできます。

私の場合、転職先が地元ではなかったので、今まですごく近かった実家が遠くなってしまったので、たまにホームシックで寂しい気持ちになることがあります。この点は確かに実家がある地元の方が有利だな〜と思いますね。

就職活動は地方に住んでいると不利?都会のほうが有利?

あなたの地元は地方(田舎)ですか?それとも都会ですか?

地元が地方か都会かで、就職活動のやり方はだいぶ変わってきます。地方と都会とでは、求人倍率や就活の費用、情報に大きな差があるのです!

求人倍率

「都道府県別有効求人倍率ランキング|平成28年12月」リサーチファンジョブ :

求人倍率は都道府県によって大きく変わります。上記の「都道府県別有効求人倍率ランキング」によると、
1位東京2.05、2位福井1.91、3位岡山1.81とかなり高い値となっていますが、45位北海道1.09、46位神奈川1.06、47位沖縄1.02と最下位はかなり低い結果となっています。

都会というよりも地方である福井や岡山が求人倍率上位になっているので、一概には「地方よりも都会のほうが求人倍率は高い」というわけではありません。しかし、地方は人口自体が少ないので求人倍率が多少高くても求人数は都会と比べてかなり少ないことが予想されますね。

また、地元が北海道や沖縄の人は、都会に行かずに地元で就職するときは求人倍率が低いので、結構苦戦するパターンが考えられます……。求人倍率だけで地方が不利だというわけではないのですが、就職先を選んでいく上で求人倍率は参考にはなると思います。 

就職活動の費用・コスト面

就職活動において「地元が地方か、都会か」が一番影響が大きいのは就職活動での費用だと思います。地元が地方の場合、都会にある企業の筆記試験や面接に行くたびに交通費や宿泊費がかかります。また、お金だけでなく移動のたびに時間もかかります。とくに新卒での就職活動は期日がかなり限られているので、面接を受けるたびに移動に時間がかかるのはかなりのロスト言えます。

また、都会の方がリクルーターと会いやすいのも都会のメリットといえます。面接ならまだしも企業を紹介してくれるリクルーターとちょっと話をするためにいちいち予定を組んで何時間もかけて都会に行くのは割に合いません。結果的にリクルーターに会いやすい都会の人のほうが、より鮮度が高い大量の情報をリクルーターから仕入れることができます。

就活で使う費用は大体

東京、首都圏の就活生 約10万円
その他地方の就活生 約20万円

このぐらいだと考えていれば、大きくは外れないでしょう。都会に比べ地方の人は2倍もコストがかかるのです!!私のときは地元が田舎で転職先は都会を探していたので、大体全部で25万円ほどかかりました。

地元が地方だった場合間違いなく都会の企業へ就職しようとするのはコストがかかるでしょう!しかし、私はそれでもお金や時間を惜しまずに、本当に自分の行きたい企業を探して就職活動をすべきだと考えています!

就職先は今後何十年間の間、1日何時間も過ごす場所になります。後々に転職するとしても1社目の年収は後々まで大きく影響していきます。企業選びはそのまま数百万、数千万レベルでの生涯年収に影響していくのです。就職活動で数十万円かかったとしてもなんとかぐっとこらえ、本当に自分にあった企業から内定をもらうべきでしょう!

しかしながら、無い袖はひれません。もしあなたが今後就職活動を行っていくのであれば、予めアルバイトなどでお金をしっかりとためておくと良いです。また、地方に住んでいて、就活のシーズンでは都会に行くことが増えるのであれば、都市部に拠点を作ることをおすすめします。

例えば、首都圏にある親戚や友達の家にしばらくの間泊めさせてもらったり、同じ大学の友達と共同で都会にある短期間のマンションを借りるといった方法があります。このように都市部に拠点を作っておけば、面接先が都会にあったとしても安く泊まることができ、効率よく就活を進めていくことができます。私も何回か面接会場の近くに友達が住んでいたときには、その日だけ泊めさせてもらったりして、少しでも就活にかかるお金を減らしていました。

 結局のところ、地元と都会どっちにしたほうがいい?

人事評価や求人倍率、コスト面など、いろいろな面で地元と都会どっちで就職した方がいいかを考えてきました。実際のところ、必ずしもこっちのほうがいいからこっちが絶対に良い!と決めつけられるような問題ではないことがわかったと思います。地元の場所やお金の問題などによって、その人にあった就職先の場所は変わるというわけです。

あなたがもし地元に戻るのか、それともいま住んでいる場所で就職するか、悩んでいるとしたら、「結局自分はどんな仕事をどのようにやって、どんな生活をしていきたいのか」をよく考えてみてください。

例えば東京では数分に一回電車はやってきますが、地元によっては1時間に1回しか来ないし、車社会になっているところも多いでしょう。人がいっぱいいる場所が苦手な人もいますし、満員電車でも全く気にしない人立っています。時間はかかりますが、本当に自分にあった時間の過ごし方ができそうなのは地元なのか、それとも都会なのか考えてみましょう。何度も何度も自分に問いかけていくうちに自分が本当に大切にしているポイントが分かってきて、就職にも活かすことができると思います。

まとめ: 地元と都会、両方の情報を集めて、自分に合った就職先を選ぼう!

今回は就活先の企業は地元と都会、どちらが良いかについてお話しました。地元なら実家が会ってたまに友人や家族とも会いやすいですが、都会のほうがイベントも多く、いろいろな人と出会うことができます。

一度しっかりと自分自身に問いかけ、本当の自分がもとめているのはどっちなのか考えてみましょう。

ちなみに、もし就職したあとに「やっぱり地元よりも東京でがんばりたい」とか「満員電車が辛い…地元に戻りたい」と思ったのであれば、転職して次につなげていけばいいでしょう。そうやって転職先として今まで違う場所に行けば、心はリフレッシュできて違う人生を歩むことだってできます。

就職活動は後からでも挽回できる部分は十分にあります。多くの場合、大切なのは「どの道を選ぶのか」よりも「選んだ道をどう生きるのか」です。

就活で悩みすぎて辛い時は、まあなんとかなるさと思って思いつめずに突き進んでみることをオススメします!