世界改変計画

仕事で人の目が気になる人へ。他人の評価を下げてから上げるテクニック

人の目が気になる!人から悪く思われたくない!
「人の目が気になる」という気持ちは、人間ならだれでも持っています。
でも他人のことを意識して一生懸命がんばっていると、だんだん何のために頑張っているのかわからなくなって胸が苦しくなります。

いつも人の目を気にして、良い人であり続けようとしていませんか?
他人からの評価を考えて、自分を抑え続けるのはすごく精神的に大変ですよね。

だけどホントは、常に良い人である必要はどこにもないんです。
むしろ評価は下がってくれたほうが、一気に上がりやすくなるんです。

今回は心理効果「ゲインロス効果」を使った、他人の評価を上げる方法についてお話します。

ゲインロス効果とは?評価を下げてから上げる心理テクニック

ゲインロス効果とは、最初の印象を下げてから後の印象を上げると、評価が急上昇するという心理効果のことを言います。

ゲインロス効果の例

あるところに、いつも暴力的で、みんなから悪いやつだと思われていた不良がいました。

その不良はある日、道ばたで荷物が運べなくて困っていたおばあちゃんを助けました。

それを偶然見かけた知り合いは「不良が人助けをしていた!」と周りの人に言い始めました。

周りは「あいつ案外やるじゃん!!」となって、不良への評価が一気に上がりました。

この例からもわかるように、いつも人助けしている人だったら「そりゃあいつならするよね、当たり前」という反応になります。
評価が下がっているおかげで、一気に上がったのです。

ゲインロス効果をあなたの日常生活で使ってみませんか?
いつも良く思われるようにふるまうのをやめて、あえて悪く思われるようにしむけてみるのです。

あえて自分の能力を過小評価してみるのも面白いでしょう。
例えば30分で簡単にやりきれる作業があってもあえて「30分だときついかもしれない」と言ってみたり。
20分でやりきれば、他の人は「もう終わってるとかすごい!」って思うでしょう。

まとめ:評価は下がってる方が上がりやすいから、人の目なんて気にしないで大丈夫

今回は「ゲインロス効果」のお話をしました。
この効果は「最初の印象を下げてから上げたほうが、評価が急上昇する」という効果でした。

常に他人から良い人だと思われたい人は、ゲインロス効果のことを意識してみましょう。
そして一度リラックスして、緊張をほぐしましょう。

悪く思われたって良いんです。
むしろ悪く思われたほうが、後から案外良いやつだと思われやすくなるんです。

あなたも「ゲインロス効果」で人の目を気にしすぎない生き方をしてみませんか?